CEOのMa Hua氏と独自開発のノーボラティリティィコインとは

キングスコインというワードを聞いたことがありますか?知る人ぞ知ると言われている仮想通貨の名前です。開発した会社は香港スカイキングインターナショナルインベストメントと言います。香港スカイキングインターナショナルインベストメントの執行役マーケティングアドバイザーはMa Hua氏なんですが、このMa Hua氏の経歴が凄いんです。

まず2010年〜2011年の1年間ですがテンセントの顧問を務めていました。テンセントと言えば日本の港区にも子会社がありますが、インターネット関連の子会社を通し、ソーシャルネットワーキングサービス、インスタントメッセンジャー、Webホスティングサービスなどを提供している会社です。売上高は世界最大のゲーム会社であり、アプリの収益は世界一を誇っています。創業者の馬化謄氏はアジア1位の富豪にもなった大企業です。

そんな立派な会社で顧問を務めたMa Hua氏ですが、その後エイベックスチャイナにて副総裁、香港上場企業でアジア最大のプロダクションであるMedia Asia China の副総裁を務めました。そして現在は中国最大手の映画配給会社HLCGdで副総裁という地位におり、複数の上場企業の副総裁を歴任するキャリアを持っているのです。

そんな優秀な執行役マーケティングアドバイザーを持つ香港スカイキングインターナショナルインベストメントですが、仮想通貨のキングスコインはどんなものなのでしょうか。

キャッシュレス社会を目指しており、独自技術のボラティリティコインの開発を進めているようです。発行されているトークンは2種のトークンに分岐されているのですが、(A)は相場によって変化するトークンで、(B)は一切の相場変化を受けないトークンのことです。現実社会では相場の乱高下が激しいと、どれだけデバイスの開発力があったとしても決済インフラとしては機能しないのです。
例に出して言えば、100キングスコインで購入した本が翌日には50キングスコインで購入できるようになってしまったらお店側もですが、消費者も困ってしまいますよね。そこを、相場の変動を一切受け付けないトークンを構築し誰でもノーボラティリティコインを発行できるプラットホームを構築するというもの。PASMOなどのICカードは前払い式決済手段で開発費がかかっていますが、香港スカイキングインターナショナルインベストメントの独自開発したプラットホームを活用すると無償になる予定とのこと。そして現在、特許技術申請中なのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. スタジオスクエア水戸は、茨城県水戸市城南にある、鉄筋コンクリート10階建てのマンションです。水戸駅か…
  2. 池田富一です。生まれてから30年近く経ちますが、子どもの頃は「ぼくが大人になる頃にはタイムマシンとか…
  3. 様々な情報通信事業を行うエスケイ通信では、WEBマーケティングを始めとしたサービスを提供する事により…
ページ上部へ戻る